お知らせ · 2022/11/12
<終了> 平田幸子氏による『フレグランスボトルデザインの変遷』講演会を開催いたします。 皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。 テーマ:フレグランスボトルデザインの変遷 講演者:パルファム編集長(香りの専門誌) 平田幸子氏 日時:2022年11月12日(土) 14:30~16:00 (開場14:15~受付開始)...
香りのコラム · 2022/06/21
調香師: 森 日南雄 ( モリ ヒナオ ) (2021.11.9)...

お知らせ · 2022/06/21
今回は、長い間香り開発に従事なさり、日本の香り文化研究(ランビキの研究など)を続けていらっしゃる当協会理事:佐藤 孝 氏を講師にお迎えし、下記のとおり講演会を開催することになりました。 皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。 ◆ 日 時:2022年6月11日(土)15:10~16:40(受付開始 14:40~) ◆ 演 題: 『丁子風炉について』...
お知らせ · 2022/06/21
拝啓 皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。 また平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 さて昨年度の定時総会は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて開催中止となりました。しかし今年度の定時総会については、理事会で慎重に議論の結果、感染症対策を実施しながら、下記のとおり開催することを決定いたしました。...
お知らせ · 2022/06/12
当協会の平田幸子理事が編集長をなさっている香りの専門誌 『パルファム(PARFUM)』 1978年の創刊以来、40年以上の長きにわたって日本の香水ファンに向けて香水に関する様々な情報を発信し続け、200号を迎えられました。 その一部を当協会のHPにてご紹介させていただくことにしました。...
香りのコラム · 2021/06/29
調香師 佐野 孝太(2021.6.29.) 私は体質的にほとんどお酒が飲めないのですが、一方でワインやシードルなどの果実酒、ラム、ブランデーなどの蒸留酒、そしてリキュール…、お酒の香りがとても好きで、またとても興味があります。
香りのコラム · 2020/12/01
 21世紀に入ってからグラスに香料の勉強に来る人達のタイプが変わります。  香料会社からの研修生はなくなり、その代わり、香りが個人的に好きで是非調香師になりたくて来る若い人達になりました。これはグラスに誰でも入ることの出来る香料学校GIP (Grasse Institute of...
香りのコラム · 2020/01/10
グラスが日本の香料産業に残した貢献はとても大きなものがあり、私が初めてグラスに来た1973年夏には日本人の研修生がグラスに10人近くいました。
香りのコラム · 2019/12/01
1960年代までは各香水会社は専属の調香師を抱えて香水を作っているところが多くありました。シャネルやゲランだけでなく、ジャンパトウ、 エルメス、ランバン、コティ、キャロンなどがそうです。
香りのコラム · 2017/11/27
調香師 堀田龍志(2017.11.27.) クローブ(丁子)は、コショー、シナモン、ナツメグと並ぶ四大香辛料の一つとされていますが、ちょっと年配の方々にとっては、胃腸薬や虫歯の時に通った歯医者さんを連想される方も多いのではないでしょうか。

さらに表示する