· 

音楽と匂いは免疫力を高める

 調香師: 森 日南雄 ( モリ ヒナオ ) (2021.11.9)

 

 いささか、旧聞に属しますが、オックスフォード大学医学博士の新見正則氏が、マウスの心臓移植の実験をしている時に、音楽を聴かせたら生存期間が大幅に延びたという研究で2013年のイグノーベル医学賞を受賞したことが話題になりました。この話は、昨年の文藝春秋の新春号で、作家の塩野七生氏と新見氏の対談でも取り上げられ、昨今の健康オタクの風潮を揶揄した内容で、たいへん愉快で面白く読みました。因みに、この対談の見出しは、<日本人よ、「健康神話」を棄てよ>でした。

 

「椿姫」は長生きの秘訣・・(聴覚で免疫力UP)

実験の内容は、「通常、心臓移植したマウスは免疫の拒絶反応により、平均で7日間しか生きられないが、例えば、ヴェルディのオペラ「椿姫」を聴かせると平均で40日間生き、100日間生きたマウスもいたとか、モーツアルトも平均20日間と長かった。

 

アイルランドの歌手エンヤは11日間、ところが、石川さゆりの津軽海峡冬景色や尺八の音楽は効かなかった。英会話、工事現場の音、単純な周波数音なども同様、効果がなく、繰り返し実験をやっても結果は同じだった」という大変興味ある結果です。英国育ちのマウスはユーモアを解するのでは?と疑りたくなりますね。

 

 

 

また、音楽のジャンルにより結果が違うのも興味ありますが、それはさておき、この結果について新見博士は「我々の体の中でガン細胞は常にできているが、免疫を制御する細胞もできており、これがガン細胞を退治している。この免疫制御細胞の働きに、ある種の音楽がプラスの効果を持っていることを示している」と述べています。 

 

*現在コラムページ工事中のためコラムの文章が途中までの掲載となっています。もう少々お待ちください。