· 

グラス便り 1章

 

「グラス便り」のスタートについて (2013年5月~)

 

日本調香技術普及協会(JSPT)では、新しく「グラス便り」というコラムを掲載して行くことになりました。

このコラムは、1979年から現在に至るまでの40年近くの長い期間、グラス市に本社を構える香料会社であるCharabot社(シャラボ社)に勤務し、現地の女性と結婚されて、生活の拠点もグラス市内という、加藤常治氏のご厚意で実現しました。加藤氏は、1973年の慶応大学仏文科4年生の時の夏休みを利用して1度グラスのシャラボ社を訪問し、その後1974年3月の大学卒業後に半年ほどシャラボ社でアルバイト兼研修をされて、その後は日本の香料会社で6年ほど勤務され、1979年に再びシャラボ社の門を叩き入社されて今日に至っておられます。

 

このコラムでは、“イントロダクション”として加藤氏が初めてグラスを訪問した1973年から今日に至るまでのグラスの町の変わり様を、当時の様々なエピソードも交えながら書いて頂いた日記的なコラムを4回ほど掲載する予定です。懐かしい当時のグラスや香料会社の写真なども載せて頂けるようです。その後は最近のグラスの事情や、フランス国内、あるいはヨーロッパでの新しい動きなどを、氏の目から見たルポルタージュ的なコラムとして掲載していく予定です。どうぞご期待ください!

 

グラス便り 1章 初めてのグラス~40年前から今日まで

 

フランス・グラス市より 加藤常治(シャラボ・フランス) 2013年5月掲載

 

 1950~60年代のシャラボ社調合香料製造工場