香りのコレクション

香りの世界、35年。

気がつけば、いろんな香りに関する資料が、事務所のあちこちの棚を占領しています。

一部ですが、皆様にご紹介いたしましょう。

エコールドパルファン学長

森田 洋子

香水

香水 写真1.jpg

 

 

香水棚には、松屋の5円の値札がついたままの「ハイキング」という

鹿鳴館時代のものであろう香水から、古いミニチュアの香水瓶も

ひと通り揃い、オークションで落としたものまで含め、現在に到るまでの香水が大抵は揃っています。

香水のパブリシティ

香水のパブリシティ 写真2.jpg

 

 

1910年からの香水パブリシティ。 

約、100枚。

フランスに行く度に、買い求めたものばかり、

昔と現代のパブリシティのあり方の違いを知ることが出来、

中でも画家、藤田嗣治が描いた絵のパブリシティがあり、

貴重な1枚。

香りに関する書物

香りに関する書物 写真3.jpg 

花、ハーブ、アロマテラピー、香

水に関する本が、いつの間にか増え、

今では入手不可能なものもあり、

翻訳して、世に出せばと言う本があったりします。

香水びんのピン

香水びんのピン 2.jpg

 

 

いつも胸元にひとつ、

私のトレードマークのようになった香水びんのピン。

 
少しずつ集めたもの、いろいろ。

中でも、お気に入りのピンは、

現実に存在する香水をかたどったもの。

香りの植物

パチュリーやイランイランは傷めてしまったものの、フランスから持ち帰った、

ローズ・ド・メイ、ジュネ、タヌロンのミモザ、

シャネルお気に入りのジャスミン、シプレ、ティートゥリー、種子から育てたハーブ達、

香り高いバラ達と共にラベンダーや、クラリーセージにいたるまでいろいろ。

山荘の庭にも、大阪のオフィスの屋上も、まさに、香りの園。

これも、こだわりのコレクション?