「グラス便り」のスタートについて ( 2013年5月 〜     )

日本調香技術普及協会(JSPT)では、新しく「グラス便り」というコラムを掲載して行くことになりました。

このコラムは、1979年から現在に至るまでの40年近くの長い期間、グラス市に本社を構える香料会社であるCharabot社(シャラボ社)に勤務し、現地の女性と結婚されて、生活の拠点もグラス市内という、加藤常治氏のご厚意で実現しました。

加藤氏は、1973年の慶応大学仏文科4年生の時の夏休みを利用して1度グラスのシャラボ社を訪問し、その後1974年3月の大学卒業後に半年ほどシャラボ社でアルバイト兼研修をされて、その後は日本の香料会社で6年ほど勤務され、1979年に再びシャラボ社の門を叩き入社されて今日に至っておられます。

このコラムでは、“イントロダクション”として加藤氏が初めてグラスを訪問した1973年から今日に至るまでのグラスの町の変わり様を、当時の様々なエピソードも交えながら書いて頂いた日記的なコラムを4回ほど掲載する予定です。

懐かしい当時のグラスや香料会社の写真なども載せて頂けるようです。

その後は最近のグラスの事情や、フランス国内、あるいはヨーロッパでの新しい動きなどを、氏の目から見たルポルタージュ的なコラムとして掲載していく予定です。

どうぞご期待ください!

第1章 初めてのグラス〜40年前から今日まで 

( 2013年5月掲載 )

フランス・グラス市より 加藤常治(シャラボ・フランス)

CC batteuses et glaci鑽es.jpg    vue grasse.jpg

  1950〜60年代のシャラボ社調合香料製造工場         現在のシャラボ社から眺めたグラス旧市街の

                                          町並みと周りの景色(遠くに地中海が見れます)                                       

出 発

( 2013年5月掲載 ) 

 私がフランス行きを思い立ったのは慶応大学仏文科在学中の1973年のことで、夏休みを利用しての

生まれて初めての海外旅行でした。

当時はまだ成田空港もなく、就航したばかりのジャンボジェットのチャーター便に乗って羽田空港から出発しました。

空路もそれまでの南回りに比べてずっと短時間の、最近出来たアラスカのアンカレジ経由というものでした。

乗っているのは学生ばかり、ジャンボジェットもチャーター便なので2階部分はサロンになっていて、

皆ソファーにふんぞり返ったり、見るもの、聞くものに新鮮な喜びを満喫する昭和の時代でした。

同乗しているキャビンアテンダントも学生と同じ位の年齢ですので、一緒にキャビンの窓から

アラスカの景色を見たりしながらおしゃべりをして仕事をさぼっていました。

 

この時代の人達は結構サボりながら仕事をしていたように覚えています。

香料会社の資材課長をしていた父などは高校野球の季節になると、オフィスを近くの喫茶店に移して

そこで納入業者の方達と白黒のテレビ中継を見ていました。

これは日本だけでなくグラスでも同じで、日本などから訪問客があると昼間片道小一時間掛けて

レストランに行ってゆっくり仕事をして、帰りがけにジャスミン畑など見ていくものですから

会社に戻ってくるのは夕方になり、“その日の仕事はおしまい”ということがよくありました。

きっとこの時代は時間がもっとゆっくり流れていたのでしょう。

 

さて、19時間ほどかけてパリはオルリー空港に到着。シャルルドゴール空港が開くのは翌年1974年春でした。

パリから当日夕刻9時の夜行列車Train Bleuに乗って12時間後、翌日の朝9時にカンヌ駅に到着。

いよいよグラスです。今から思うと“若かった”の一語に尽きる旅でした。

 

グラス・・その初印象

( 2013年5月掲載 ) 

 グラスの町は今もその当時と殆ど変わらない風景ですが、私がグラスに到着しての第一印象は銀行と

美容院がとても沢山ある地方都市という印象でした。

実際そのころはグラスの香料産業が非常に活況を呈していたし、まだ石油ショックを知らない世界でした。

グラスの企業の総売り上げを人口で割ると住民一人当たりの売り上げが出ますが、これが当時グラスが

フランスで一番高額だったそうです。

今では建物だけしか残っていませんが、フランス国立銀行の支店もグラスにあった位で当時は相当な金額が

グラスに流れ込んでいたのでしょう。

また美容院が多いと書きましたが、当時のマダムは週に一度位の割合で美容院に行き、

おしゃべりをしながら髪を結ってもらっていました。

帰りがけに店の女の子達全員に5フランのチップを渡している女性も居たくらいでお金がうなっていました。

まだ1フラン60円の時代で、私達グラス研修の日本人は大事にその5フラン硬貨を貯めては、

週に一度近くの公衆電話から日本の家族に電話をするのですが、10秒に1枚位のスピードで硬貨がどんどん

減っていくのをさびしく眺めながらの国際通話・・という時代でした。

 

グラスの代表的香料会社といえば、当時ルールデュポン、メロボワボ、UOPシリス、ローチエ、シャラボ、

更にベルトランフレール、トンバレル、マンフィスなどがあり、恐らく町の人口の2割位は直接香料に関わっていました。

当時の人口が3万人位ですのでおよそ6000人は香料に関与していたことになります。

これはひとえにその頃のグラス地方経済が、そのインフラも含めて香料に全く依存していたことによります。

上述の香料会社で大きなところで800人位、中程度の会社でも200人程度は雇用していましたし、

それ以外にローズ、ジャスミン、バイオレット、チュベローズ、ヒアシンスなどを栽培していた農家、

ミモザ、ジュネなど野生の花の収穫業者、花を集めてくるコレクターと呼ばれる業者、花摘みの季節労働者、

蒸留、抽出機械の生産メーカー、アルミ缶、ブリキ缶の製造メーカー、ガラス瓶卸業者、更にはガラス瓶、

花を入れる籐のかごを作る業者など実に多くの業種がこの小さな町とその周辺にひしめいていました。

香料会社に働いている人達も「誰々は籐籠屋の息子」だとか、「あの娘の親はローズを栽培している」などと、

業種のつながり以外に個人個人がそれぞれ複雑に香料産業の中に入り込んでいました。

私の家内はグラス生まれのグラス育ちで、日曜日によく家族が集まって食事をするのですが、

叔父、伯母、いとこ、兄弟など皆集まるとその半分以上は香料会社に勤めていました。

ですので外部に秘密が漏れにくいのと、内部では秘密も何もあったものではなく、皆筒抜けになっていました。

グラスでの花畑

( 2013年12月掲載 )

フランス・グラス市より 加藤常治(シャラボ・フランス)

Grasse写真.jpg 

懐かしい、グラスの花摘み風景

          

Tuberose.JPG

  チュベローズ畑     

 

            JASMIN de Chanel.gif

ジャスミン 

 

フランス地方経済の典型:グラース

( 2013年12月掲載 ) 

  私がグラースに来た頃、既にこの町の産業に少し翳りが出てきました。

それはグラース以外の資本が入り始め、一社ずつグラースの香料会社が外資に売られ始めた頃でした。

グラースで最も歴史のあるアントワンシリスはアメリカ資本に売られ、ブルノクールは既に存在せず、

跡地はスーパーマーケット“モノプリ”になっていました。

その後間もなく、シリス、トンバレル、メロボアボなど数社がサノフィグループに買い取られ、

ショーベーはフィルメニッヒに、更にルールはジボダンと一緒になるなど、

少しずつ地元資本が消えていくことになります。

 

 グラース生まれのお年寄りに戦後間もない最盛期の頃の話を聞いたことがあるのですが、

工場の退け時の夕方になると、グラース駅に一番近いトンバレル、その上のカミリ、ルール、シリスが

在ったので、駅からグラースの旧市街に至る大通りは、毎日歩いて帰宅する人達で一杯になったそうです。

 

 私の働いているシャラボ社はグラース旧市街を見下ろす位置にありますが、ここからグラースを見ると

町全体が19世紀の地方軽工業地域の形をそのまま残していることに気付きます。

12世紀に建てられた教会を中心とした旧市街に労働人口が住み、それを取り巻くように

香料会社の建物があったのがよくわかります。

当然様々な店も旧市街にあり、工場で働いた給料の大部分は町の中で使われ、町を取り巻く畑から花が

持ち込まれ、更に遠くから様々な香料原料が輸入され、町で加工され、世界中に輸出されていきました。

まるで、町自体が巨大な利益製造マシーンのように見えます。

 

 恐らく、私がグラースで見ている工業モデルは過ぎ去りし昔の工業モデルでしょうが、

グラースの独立資本の香料会社がひとつまたひとつと消えて行き、旧市街から何十年も続いていた小売店が

フランチャイズショップに変わり、グラースの住民が皆近郊のスーパーマーケットで買い物をしているのを

見るにつけ、こうして皆が使っていくお金はどこに行くのだろうと考えざるを得ません。 

昔の方が、お金が町の中で循環していたと思うのは私の時代遅れのノスタルジーがそう思わせるのでしょうか?

グラースと花

( 2013年12月掲載 )

  戦前の1930年代には、ローズの畑だけでもニースからサントロペの方まで数千ヘクタールあったそうです。

 

 私がグラースに来た当初は、カンヌとグラースの間の国道沿いにも花畑が多くあり、車でずっと

グラースに向けて上がっていくときに、ジャスミンの香りが車の中まで漂ってきたことを覚えています。

当時は車にエアコンが装備されておらず、窓を開けなくては暑くてたまらなかったのですが。

その花畑も今ではすっかり少なくなり、ローズ畑など現在残っているものは最盛期の約1%の

数十ヘクタールに過ぎないとのことです。

 

 このままでは10年もしないうちにグラース近辺の香料畑は全て消えてしまうだろうと思っていましたが、

最近新しい動きがあります。

 シャネルは数十年前からグラースのジャスミンとローズの栽培農家と独占契約を結び、

アブソリュートを畑に隣接した工場で抽出してきました。

これは、シャネルの香水の中にはフランス製のジャスミンとローズが入っているということを

実際に裏付けること、更には企業倫理責任の観点からも、フランスの地元産業の保全と育成に

力を入れているというアピールにもなっているかと思います。

 

 ごく最近、この畑でイリス、ゼラニウムそしてチュベローズの栽培が始まりました。

それぞれ数千株ですが、近い将来これらの植物からもアブソリュートを取るようです。

 これとほぼ同時に、ディオールはグラース近郊の別の畑と独占契約を結び、やはりジャスミンとローズを

買っていますし、更に別の新しい畑とも契約を結んだと聞きます。

近い将来グラースにディオールの研究所を作るような話も耳にします。

 同じLVMHグループのルイヴィトンはグラースの中心部にある古い建物を改築中で、

数年後にはここを研究所にしてヴィトンの香水を出すそうです。