日本調香技術普及協会のホームページへようこそ

日本調香技術普及協会(Japanese Society of Perfumery Technology)は、

2010年10月の発足以来、会員の皆様方や香りを愛する方々、香りの専門家の方々にとって魅力ある協会である為に、当協会がやれること、当協会だからこそやれること、やらなければならないことに注力しながら活動を続けて来ております。
当協会は、現役で活躍する調香師や香料の専門家が中心となって活動している任意団体です。

主な活動としましては、毎年市場に出てくる新フレグランスの香りについて、その香りの特徴を当協会ならではの切り口で解析したり、その香りの特徴となっている原料香料についても学んだり、これからの香りのトレンドについての解析も専門家の視点から行うフレグランスセミナーを開催しております。

また名香と呼ばれた過去のフレグランスについて学ぶワークショップや、香調を作り上げる原料について学ぶセミナーも開催しております。

春と秋には、現役の調香師による講演会や、香りの専門家による興味深い講演会も開催しております。

私たちは、調香の正しい技術・知識とともに香りの文化を育成伝承し、香粧品業界において高い香り開発技術力を持つ人材の育成に貢献出来るような普及活動を目指したいと考えております。

 

当協会は小さな任意団体ではございますが、セミナー・講演会の開催、ワークショップなどを通じ、会員の皆様を中心に、香りに関する新しい知識と理解を深めるための普及・教育・支援活動を進めてまいります。

 

今後とも、皆様方のご支援ご協力を心よりお願い申し上げます。

日本調香技術普及協会

理事長 堀田 龍志